Ancient bronze mirror

Bronze mirrors preceded the glass mirrors of today. This type of mirror has been found by archaeologists among elite assemblages from various cultures, from Etruscan Italy to China.
24 Пины461 Подписчики
Bronze chia mirror with TLV pattern  Han Dynasty (206 BC-220 AD).

Bronze chia mirror with TLV pattern Han Dynasty (206 BC-220 AD).

Western or Eastern Han Dynasty Bronze Mirror, 206 BC- 220 AD

Western or Eastern Han Dynasty Bronze Mirror, 206 BC- 220 AD

China - Bronze mirror with pictorial band, semicircles, squares, four divine beast and four animal design, Three Kingdoms period, 220-65 AD

China - Bronze mirror with pictorial band, semicircles, squares, four divine beast and four animal design, Three Kingdoms period, 220-65 AD

Archaic Chinese Han Dynasty, silvered bronze mirror; of circular form, with stylized characters and symbols within borders; D: 8 7/8"

Archaic Chinese Han Dynasty, silvered bronze mirror; of circular form, with stylized characters and symbols within borders; D: 8 7/8"

A BRONZE 'ANIMALS' MIRROR HAN DYNASTY - Sotheby's

A BRONZE 'ANIMALS' MIRROR HAN DYNASTY - Sotheby's

The Han dynasty Bronze Mirror,China.

The Han dynasty Bronze Mirror,China.

A CHINESE SILVERY BRONZE CIRCULAR MIRROR, HAN DYNASTY (206 BC-AD 220)

A CHINESE SILVERY BRONZE CIRCULAR MIRROR, HAN DYNASTY (206 BC-AD 220)

CHINESE SILVERED BRONZE MIRROR  HAN DYNASTY  decorated in relief with mythical beasts and birds  13cm diam

CHINESE SILVERED BRONZE MIRROR HAN DYNASTY decorated in relief with mythical beasts and birds 13cm diam

A BRONZE MIRROR  EASTERN HAN DYNASTY (AD 25-220)

A BRONZE MIRROR EASTERN HAN DYNASTY (AD 25-220)

A group of seven bronze mirrors, Han dynasty

A group of seven bronze mirrors, Han dynasty


Другие идеи
平原出土の大鏡 【ホツマ伝記載の八咫鏡】   ホツマ伝は翌昭和41年8月に松本善之助氏によって発見されました。ホツマ伝の第17章カンカガミヤタノナノアヤ(神宝八咫鏡名由来章)に八咫鏡の詳しい由来が載っています。この章は難解ですが、天照大御神(実在の男性人物)が民衆の幸せを願って八咫鏡を造らせたとあります。八咫とは古代の物差で八尺のことで、八咫鏡は鏡の円周が八尺であるので八咫鏡と称しました。円周を八尺に定めた理由は八民すなわち世界人類の平均身長が成人の場合八尺であったのでこれを採用したとあります。ホツマ伝の方にも5、8、10の特徴的な数字が記されています。「5」は火・風・埴・水・空の五元素です。「8」は八咫・八民です。「10」は「咫を十等分で枳」云々です。

平原出土の大鏡 【ホツマ伝記載の八咫鏡】 ホツマ伝は翌昭和41年8月に松本善之助氏によって発見されました。ホツマ伝の第17章カンカガミヤタノナノアヤ(神宝八咫鏡名由来章)に八咫鏡の詳しい由来が載っています。この章は難解ですが、天照大御神(実在の男性人物)が民衆の幸せを願って八咫鏡を造らせたとあります。八咫とは古代の物差で八尺のことで、八咫鏡は鏡の円周が八尺であるので八咫鏡と称しました。円周を八尺に定めた理由は八民すなわち世界人類の平均身長が成人の場合八尺であったのでこれを採用したとあります。ホツマ伝の方にも5、8、10の特徴的な数字が記されています。「5」は火・風・埴・水・空の五元素です。「8」は八咫・八民です。「10」は「咫を十等分で枳」云々です。

内行花文八葉鏡 この鏡は背面の円形の図柄中央に葉模様状を配置する。それに幾何学模様とも思える半円弧形を等間隔に連ねた文様を連弧文と謂い、それらが花びらを巡らせたように見えるところからその名がある。ちなみに魏志倭人伝に記された伊都国と比定されている福岡県前原市の平原(ひらばる)遺跡からは、直径四十六・五センチもの超大型の内行花文鏡が、副葬品として五枚も発見されている。当時では世界最大級というこの銅鏡は、舶載鏡ではなく、日本で造られたいわゆる倭鏡である。  九州北部の平原遺跡は弥生時代後期の築造と推定され、伊都国の王墓と思われる墳墓遺跡である。この遺跡は昭和四十年に作業中のミカン畑から偶然に発見された。副葬品の多さは群を抜いており、武器類が少なく、装飾具が多いことで被葬者は女性の王、女王と思われている。邪馬台国・九州北部説は、神功皇后を卑弥呼とする新井白石、天照大神・卑弥呼説の和辻哲朗、卑弥呼・巫女説の松本清張まで支持者が多い。平原墳墓の被葬者を卑弥呼とする説もまた多い。昨年六月には、この超大型の内行花文鏡をメインとして他の出土品と共に国宝の指定を受けた。

内行花文八葉鏡 この鏡は背面の円形の図柄中央に葉模様状を配置する。それに幾何学模様とも思える半円弧形を等間隔に連ねた文様を連弧文と謂い、それらが花びらを巡らせたように見えるところからその名がある。ちなみに魏志倭人伝に記された伊都国と比定されている福岡県前原市の平原(ひらばる)遺跡からは、直径四十六・五センチもの超大型の内行花文鏡が、副葬品として五枚も発見されている。当時では世界最大級というこの銅鏡は、舶載鏡ではなく、日本で造られたいわゆる倭鏡である。 九州北部の平原遺跡は弥生時代後期の築造と推定され、伊都国の王墓と思われる墳墓遺跡である。この遺跡は昭和四十年に作業中のミカン畑から偶然に発見された。副葬品の多さは群を抜いており、武器類が少なく、装飾具が多いことで被葬者は女性の王、女王と思われている。邪馬台国・九州北部説は、神功皇后を卑弥呼とする新井白石、天照大神・卑弥呼説の和辻哲朗、卑弥呼・巫女説の松本清張まで支持者が多い。平原墳墓の被葬者を卑弥呼とする説もまた多い。昨年六月には、この超大型の内行花文鏡をメインとして他の出土品と共に国宝の指定を受けた。

内行花文鏡 - Wikipedia 古墳時代前期前半 柳本大塚古墳(奈良県天理市)出土鏡(東京国立博物館)

内行花文鏡 - Wikipedia 古墳時代前期前半 柳本大塚古墳(奈良県天理市)出土鏡(東京国立博物館)

越王勾践剣 紀元前500年から錆びなかった青水晶とターコイズとブラックダイヤモンドで象嵌されている

【奇跡】紀元前500年から錆びなかった「越王勾践剣

越王勾践剣 紀元前500年から錆びなかった青水晶とターコイズとブラックダイヤモンドで象嵌されている

ヨアケとは屯倉のような防衛の為の出城

ヨアケとは屯倉のような防衛の為の出城

青銅器の分布

青銅器の分布

平原遺跡から出土したカガミ40面(原田氏は39面としているが)

平原遺跡から出土したカガミ40面(原田氏は39面としているが)

古墳時代 大型鏡 内行花文鏡(ないこうかもんきょう)  古墳時代・4世紀 静岡県磐田市 松林山古墳出土    松林山古墳は全長116mを測る前方後円墳であり、竪穴式石室を内部主体としていた。内行花文鏡は遺体の頭部付近に鏡面を上に向けて収められていた。

古墳時代 大型鏡 内行花文鏡(ないこうかもんきょう) 古墳時代・4世紀 静岡県磐田市 松林山古墳出土 松林山古墳は全長116mを測る前方後円墳であり、竪穴式石室を内部主体としていた。内行花文鏡は遺体の頭部付近に鏡面を上に向けて収められていた。

平原遺跡墳墓は日向峠からの日の出の光が股間にあたるように埋葬されている。また鳥居と思われる柱穴もその方向を示している。被埋葬者は太陽の子を身籠もる巫女王だったと思われる。  『実在した神話』から

平原遺跡墳墓は日向峠からの日の出の光が股間にあたるように埋葬されている。また鳥居と思われる柱穴もその方向を示している。被埋葬者は太陽の子を身籠もる巫女王だったと思われる。 『実在した神話』から

A BRONZE 'CAO YE' MIRROR  HAN DYNASTY  the domed boss enclosed by four trefoils extending to the corners of a square border cast with eight characters reading jian ri zhi ming, chang le wei ying (Seeing the light of the sun, brings everlasting joy), surrounded by a ring with four bosses alternating with stylized tree motifs and trefoils with concave leaves, all set within a raised scalloped border around the rim, the silvery-gray patina with patches of green encrustati

A BRONZE 'CAO YE' MIRROR HAN DYNASTY the domed boss enclosed by four trefoils extending to the corners of a square border cast with eight characters reading jian ri zhi ming, chang le wei ying (Seeing the light of the sun, brings everlasting joy), surrounded by a ring with four bosses alternating with stylized tree motifs and trefoils with concave leaves, all set within a raised scalloped border around the rim, the silvery-gray patina with patches of green encrustati

Pinterest
Поиск